東北総合調査相談室

宮城・仙台の探偵事務所です。浮気調査だけでなく、問題解決までお任せください。

依頼後に気を付ける事

浮気調査の依頼をし、調査報告書を受け取った後にも気をつけておいていただきたい事があります。
浮気の証拠が手に入ったからと言って、皆さんの望む結果(浮気をやめさせる、慰謝料を取る、有利な離婚をする、等)はまだこれからです。

報告書をすぐに相手に見せない

 

依頼後の注意

え?って思うかもしれません。でも、ほとんどの依頼者様の場合、浮気の証拠は何回か浮気をしたうちの、ほんの数回分の証拠でしかありません。 浮気を問い詰められると、たいがい「証拠を見せろ」ということを言ってきます。でも内心は「どの件がバレたんだろう」「いつ見られたんだろう」と心配しています。どのことを知っているのか、こちらが言ってしまうと、口裏を合わせて言い訳を反論してきます。何をどのくらい知っているのか、言わないほうが、相手は言い訳のしようがなくなって、白状しやすくなります。芸能人の不倫なんかでも、週刊誌の写真が出るとそれに合わせて最低限の言い訳をしてきますよね?中には最後まで調査報告書を相手に見せずにカマをかけて、すべて相手の口から白状させてしまう方もいます。今までは根拠もなく推測で問い詰めていた事に気付かれてごまかされてきたのですが、今度は確信を持って問い詰められるので、相手も逃げ通すことができなくなります。 

契約書や領収書を隠しておく

 

依頼時の注意

調査する前に調査申込書や領収書が見つかってしまい、探偵に依頼したことがバレてしまう方がごくたまにいます。 実家や友人宅、会社など、絶対に相手に見られる心配のない場所に保管しておいたほうがベターです。 自分の事を棚に上げて人の事を気にする人が少なくなく、バックの中などを見られたりして発覚します。探偵に依頼したことを内緒にして話し合うほうがうまくいくこともあるので、注意してください。

報告書は安全な場所に保管

 

依頼後の注意

契約時の書類と同様、報告書を相手に見せずに家の中に隠しておいたとしても、見つかってしまい破かれたりすることがあります。また、報告書を見られてしまえば、こちらが何を知っているのか、相手に悟られてしまいます。悟られてしまうと、二人で言い訳を考えたりされてしまい、せっかくの証拠の効果が半減してしまいます。


ページの先頭に戻る

探偵調査のお問い合わせ

浮気調査に関するメール問合せはこちら。相談見積無料。

浮気調査問い合わせ